新宿のクリニックでED治療の薬を処方してもらいました。

薬を使ってED治療を行っていくことに

新宿 ED治療専門クリニックED治療・AGA治療専門の【リブラクリニック】(新宿院・目黒院)

新宿でED治療を行っているクリニックへ薬を使ってED治療を行っていくことに

最初はどんな治療をされるのだろうという不安もありましたが、明るくきれいな院内で安心することができました。
EDや薄毛の治療を主に行っているクリニックということもあって患者に男性しかいなかった点もよかったです。
診察の前に問診表を記入することになり、自分の体で気になる点やEDの状態について質問に答えていきました。
自分の体の状態をありのまま記入することは恥ずかしさもありましたが、少しでも改善されればと考え細かく状況を記入しそこから診察を待ちました。
問診表を記入してまもなく診察室に呼ばれましたが、医師は男性でやさしい印象の方でした。
診察では問診票に記入されていることからEDの状態を確認していくのですが、医師に男性器を見せたり勃起の程度を見せるといったことはなく終わりました。
どちらかといえばカウンセリングのようなもので、可能性からEDの原因を探していくようなものでした。
私の場合性欲が少ないと自分で思い込んでいることや夫婦間でのずれが原因ではないかという診断になりました。
これは自分でも考えないようにしていた部分でもあって、長年見てみないふりをしてきたことでした。
私の体にはEDになるような病気も見当たらないこともあって医師の判断で薬を使ってED治療を行っていくことになりました。
私が処方された薬はバイアグラで名前は聞いたことはありましたが、飲むのは初めてでした。
副作用も少なく毎日飲んでも問題ないとのことで、生活の質を向上させるものと認識してよいと言われとても心が軽くなりました。
早速翌日処方された薬を飲んでみたのですが体がぽかぽかするような状態になり、妻を誘ってみたところ今までに見たことがないほどの元気がみなぎっていました。
これには妻も大変驚いてこんなことならもっと早く病院に行かせればよかったと言っていました。
こんなに充実した営みは思春期以来ではないだろうかという程で、薬を飲み続けても効果は衰えることがありませんでした。
その後薬のお世話になりながら数か月が経った頃、好奇心で薬を飲まずに挑んでみました。
さすがに完璧とは言えませんでしたがそれでもほとんど満足のできる結果が見られました。
きっと私のEDの原因は自分に自信が無かったことと、それを性欲の無さのせいにしていたことだったのでしょう。
今では自分に自信を持てるようになり夫婦の関係も良好な状態が続いています。
時には薬の力に頼ることもありますが、それでも質の良い生活に役立つなら悪くないと思っています。